プラセンタ注射の体験談!私が実感した効果・疑問点を解説します。

プラセンタ注射 インナーケア
スポンサーリンク

 

以前から興味があったプラセンタ注射を受けてきました。

美肌やアンチエイジング、疲労回復や冷え性にも効果ありなんて噂のプラセンタ注射、いざ受けるまで知らなかったことも色々わかったので、レポと同時に豆知識も書いてみました!

やってみたいけど実際はどうなのかなー?なんて思ってる人の参考になればうれしいです♪

スポンサーリンク

プラセンタ注射はどこで受けられる?

プラセンタ注射は医薬品なので病院でしか受けられません。

主に皮膚科や美容外科などで受けられます。管理人は近所の皮膚科(一般診療と美容皮膚科が診療科目)で受けました。

プラセンタ注射の種類

サプリメントでは豚や馬のプラセンタが主ですが、注射に使われるのはヒトの胎盤由来のプラセンタ。

そのプラセンタ注射には製造過程とメーカーの違う2種類があります。1つは「ラエンネック」、もう一つは「メルスモン」です。

ラエンネック

肝臓の病気(肝硬変、慢性肝炎)の治療剤。

メルスモン

更年期障害、乳汁分泌不全に対しての効果・効能がある。

違いは?

両者の違いは抽出方法など製造過程に違いがありますが、どちらもヒトの胎盤由来というのは同じです。美容目的での注射なら、どちらを使っても大きな違いはありません。

ラエンネックのほうが濃度が濃いので、一般的には美容目的ではラエンネックが使われることが多いです。

私が受けたプラセンタ注射もラエンネック。クリニックによってどちらを使うか違うようなので、こだわる人は確認したほうが良いです。

プラセンタ注射にはどんな効果がある?

  • 美白(しみ・くすみの改善)
  • 肌の保湿効果
  • 細胞の再生と増殖(ターンオーバーを促し、ダメージを受けた細胞を修復)
  • コラーゲン生成
  • 血行促進(末端まで血流が行きわたることで冷え性の改善も)
  • 抗酸化作用(活性酸素の発生を抑える)
  • 抗炎症作用(ニキビやかゆみ・赤みを抑える)
  • 抗アレルギー作用(免疫システムの調整回復によるアレルギー反応の抑制)
  • アミノ酸の補給(細胞再生のための材料を補給)
  • 自律神経調整作用
  • 肩こり

プラセンタ注射を打つ前に。注意点など

ヒトの胎盤由来のプラセンタ注射を受けた人は、今後献血できなくなります。詳しくはこちらを⇒ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤使用者の献血制限について(厚生労働省)

また、プラセンタ注射に使用される薬剤はスクリーニング検査などを経て細心の注意を払って製造されていますが、未知のウイルスに関しては対応外になります。

 

プラセンタ注射を行っている医療機関では、そのような安全性の面および効果について事前に患者への説明がされ、患者側はそれに署名する必要があります。

プラセンタ注射の副作用って?

プラセンタ注射の副作用は、ごくまれに報告されています。

注射した部分の赤みやしこり、アレルギー体質の人はプラセンタのたんぱく質に反応することがあります。

プラセンタ注射を打つ頻度とお値段

プラセンタ注射は美容や疲労回復目的なら、最初の1か月は効果を実感するために毎週の投与をすすめられます。

更年期障害や間接症状の緩和などが目的なら2週に2回の場合も。

その後はケースバイケースで自分で頻度を決めていきます。

プラセンタ注射の値段

診察代込みで1アンプル1,500円、2アンプル2,500円が相場です(病院によって多少違う)

美容目的の場合、1回に2アンプルが望ましいです。最初の1か月は毎週打つと1万円くらいになりますね。

保険適用になるケース

肝臓の疾患、更年期障害などで治療目的での注射が認められれば保険適用となります。その場合は1回500円程度で済むようです。

美容目的の注射の場合は残念ながら保険外になります。

プラセンタ注射は痛いの?

プラセンタ注射には、皮下注射と筋肉注射があります。

皮下注射

緩やかな効き目だが注入できる量が少ない。

筋肉注射

即効性があるが皮下注射より痛みが強い。

 

場所は腕、または臀部(おしり)です。

ちなみに私はおしりでした。お尻と言っても腰に近い位置で、筋肉注射でしたが痛みもそれほどひどくなかったです。

プラセンタ注射を打つ場所

男性も打てるの?

男性ももちろん打てますし、実際にたくさんいます。疲労回復やアルコールの分解などが目的のようです。

プラセンタサプリとの違いは?

一般的に販売されているプラセンタサプリとの違いは、サプリメントが豚や牛などの動物由来なのに対し注射はヒトの胎盤由来であるところです。

動物由来では豚よりも馬のほうが高級で安全性も高いですが、お値段もその分高いです。

ヒトプラセンタは安全性の面でも効果の面でも優秀ですが、医薬品なので医療機関で注射してもらう他の摂取法がありません。

医療機関にプラセンタ注射をしてもらう時間がない人はサプリメントでの摂取が現実的かもしれませんね。

効果の面で期待できるのは豚よりも馬プラセンタです。

 

プラセンタ注射を受けてみての感想

最初の4回は効果を実感してもらうのが大事なので、毎週連続で受けるのがおすすめだとのことだったのでその通りに通いました。

毎回お尻に打ちますが、各週ごとに左右変えて打ってもらいました。

 

初回は診察と説明を受け、3回目の注射の前にも「体調に変化(悪化など)はないか?」「なにか問題はあるか」などの確認の意味のための診察あり。

その後は希望した日時に摂取だけ受けられました。

 

・1回目・・・よくわからない

・2回目・・・ちょっと肌の透明感が違うかも?

・3回目・・・肌もっちり。注射をうけて数時間後に朝からの頭痛と体調不良が改善

 

継続している間は肌がきめ細かく白くなっている実感がありましたが、その後やめると徐々にもとに戻ってしまいました。

1回のお値段がもっとリーズナブルだともっと続けられたんだけどなーと思います。保険適用外なのでなかなか難しいですが・・・

コメント