【新潟】ヴィーガン対応の美味しいお菓子やさん「pursweets and(ピュアスイーツアンド)」さんへ

pursweets and(ピュアスイーツアンド)で購入したお菓子 焼き菓子
スポンサーリンク

新潟市の西堀通り(中央区役所や三越のあるエリア)にあるヴィーガンスイーツのお店「pursweets and(ピュアスイーツアンド)」さんへ行ってきました。

スポンサーリンク

pursweets and(ピュアスイーツアンド)さんには専用駐車場はない

あのあたりのお店なら駐車スペースはないだろうなーと思いつつ向かうと案の定でしたが、お店のすぐ隣にコインパーキングがありました。

ピュアスイーツアンドの近くの有料駐車場

駐車場が2つ並んでて、左のコインパーキングが確か60分200円でした。

pursweets and(ピュアスイーツアンド)の外観

お店の外観をななめからパチリと撮らせてもらいました(笑)

店内に入るとイートインスペースにお客さんが一人いました。白が基調の明るい店内です。

カウンターにお菓子が並んでいて、奥からお店の方が出てきてお菓子の説明をしてくれました。

pursweets and(ピュアスイーツアンド)のお菓子の特徴やお味など

pursweets and(ピュアスイーツアンド)のお菓子のコンセプトは、「卵・乳製品・白砂糖不使用」です。また、小麦粉ではなく米粉を使うことで「グルテンフリー」にも対応したメニューもあります。

一番のおすすめは看板商品のマフィンだとか。

そんなわけで、私が今回購入したのがこちらです。

pursweets and(ピュアスイーツアンド)で購入したお菓子

  • ブラウンシュガー&ナッツスコーン:230円
  • グルテンフリーチョコチップクッキー(3枚入り):300円
  • すももマフィン:430円
  • 甘酒マフィン:430円

この中でグルテンフリーはチョコチップクッキーとすももマフィン。すももマフィンと右の甘酒マフィン(小麦粉使用)を比べると、膨らみ方がちがいますよね。

断面の様子↓

pursweets and(ピュアスイーツアンド)のマフィンの断面

断面の質感はほとんど同じです。どちらもふんわり。

食感のちがいもほぼなく、小麦粉のマフィンと米粉(グルテンフリー)のマフィンどちらも、外はサックリで中はふんわりでした。

pursweets and(ピュアスイーツアンド)のチョコチップクッキー

チョコチップクッキーはカリカリと香ばしい食感。

こちらのお菓子はどれも白砂糖不使用なので、甘みが本当に優しいです。

素材のダイレクトな風味と米飴や有機メープルシロップ、てんさい含蜜糖のあっさりとしつこくない甘みに癒やされます。

豆乳を使ったクリームのホールケーキやギフトボックスなどは予約で作ってくれるようです。マフィンとかも種類や数がほしいときは問い合わせてみてください。

≫ホールケーキやギフトボックスのページ

ここで「グルテンフリー」「ヴィーガン」の意味と目的をちょこっと解説

グルテンというのは、小麦などに含まれるたんぱく質のこと。グルテンの摂取を避けることで、健康・美容効果が望めるということで海外セレブやスポーツ選手の間で実践者が増えています。

一方、ヴィーガンというのは健康や美容のための食事法ではなく、動物愛護の目的から特定の食品を避ける食事法です。

肉・乳製品・卵などの動物由来のものはもちろん、精製の時に動物由来の牛骨粉を使用する白砂糖などの精製された砂糖、昆虫を苦しめることになるのでハチミツも禁止です。

日本では、ヴィーガンは動物愛護の精神が由来の食事法である、というよりは、健康志向が目的の食事法だと思っている人が多いようですね。

私も今回調べるまで、ベジタリアンやマクロビとの違いがよくわかっていませんでした..

お菓子の美味しさを素直に感じられるヴィーガンスイーツ

新潟でヴィーガンスイーツを作っているお店は他にもありますが、ピュアスイーツアンドのお菓子は小麦粉のお菓子と同じような食感と美味しさを感じられます。

それでいて、体の負担にならない優しい甘みが心地よいです。

ヴィーガンスイーツには独特の風味や食感があって、それが好きな人にはとっても良いとは思います。

だけど、本来なら小麦粉を使ったお菓子、生クリームや卵が好きだけど、事情があって食べられない人もいて、そういう人にとってもピュアスイーツアンドのお菓子は満足できるお味ではないかな、と感じました。

pursweets and(ピュアスイーツアンド)のお店情報まとめ

pursweets and(ピュアスイーツアンド)の外観

コメント