【京都】「市比賣(いちひめ)神社へ行ってきました!アクセスやお守り、御朱印など調べてみた!

京都
スポンサーリンク

 

[say img=”https://smoky.blue/wp-content/uploads/2018/02/cropped-prf-mini.png” name=”みずいろ”]京都の市比賣(いちひめ)神社に行ってきました。
こじんまりと小さな神社だったけど、ノスタルジックで可愛らしい、女性ならぜひ訪れたい神社![/say]

御祭神は全て女神様をお祀りしているところから女性の守り神とされ、良縁・子授け・安産等にご利益があると信仰されています。特に「女人厄除け」の神社として有名です。歴代皇后の御崇敬が篤く、現在も「皇后陛下勅願所」であります。女人厄除けの神様をお祀りしているは、全国でも大変珍しい。市比賣(いちひめ)神社公式サイトより引用

スポンサーリンク

市比賣(いちひめ)神社へのアクセス

[list class=”li-niku”]
  • 市比賣(いちひめ)神社公式サイト
  • 所在地:〒600-8119 京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入ル
  • 電話:075-361-2775
  • 参拝・電話受付時間:9:00~16:30
  • 休日:なし(祭典日は一部一般参拝停止)
  • 駐車場:なし(裏手にコインパーキングあり)
[/list]

徒歩か市バスで向かう

市比賣(いちひめ)神社は京都駅(烏丸口)から歩いていくこともできます。約15分で着きますが、市バスでももちろん行けます。歩くのが嫌な人は市バスを利用しましょう。

烏丸口のバス乗り場になります。市比賣(いちひめ)神社に一番近いバス停は「河原町正面」か「河原町五条」です。

停まるバスは多いのでそのどれかに乗って約10分で着きます。⇒河原町正面・河原町五条を通るバス一覧

バス代は230円。500円で1日乗り放題の乗車券もあるので便利⇒市バス・京都バス一日乗車券カード

バス停からは5分くらいです。

市比賣(いちひめ)神社への看板

バス通りからは市比賣(いちひめ)神社のある通りへの看板があります。2つのバス停の中間くらいに見えてくる看板です。

駐車場はない

車で向かう人は駐車場があるのか気になるところですが、駐車場はありません。

裏にコインパーキングがありますが、あまり駐車できる台数は多くありません。

市比賣(いちひめ)神社ってどんな神社?

市比賣(いちひめ)神社に着いたとき、正直ちょっと驚きました。マンションの一階?に社務所があり、その脇の部分にこじんまりと収まっている神社でした。

お祭りされているのは、

  • 多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
  • 市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)
  • 多岐都比賣命(たぎつひめのみこと)
  • 神大市比賣命(かみおおいちひめのみこと)
  • 下光比賣命(したてるひめのみこと)

すべて女性の神様です。

市比賣(いちひめ)神社のご利益

  • 女人守護(良縁・子授けなど)
  • 市場の交易
  • 商売繁昌

です。

赤ちゃん(下光比賣命)を抱っこする女神さま(多岐都比賣命)が描かれた絵馬。赤とピンクと黒?があります。

天之真名井(あめのまない)

天之真名井(あめのまない)

天之真名井(あめのまない)です。絵馬をかけてこのご神水を飲むと、心からのお願いが1つだけかなえられるのだとか。

他の市比賣(いちひめ)神社の見どころは、使い終わったカードを清める「カード塚」もありました。

市比賣(いちひめ)神社の姫みくじ

市比賣(いちひめ)神社の姫みくじ

市比賣(いちひめ)神社のおみくじはこの可愛らしい赤い姫だるまに入っています。

市比賣(いちひめ)神社の姫みくじ

ひっくり返してシールをペリッとめくります。

姫みくじ

ちなみに「中吉」でした( ^^)

姫みくじは天之真名井(あめのまない)のところに奉納してもよいのですが、私は持ち帰りました。

市比賣(いちひめ)神社のお守り

市比賣(いちひめ)神社のお守りは、入り口右にある社務所で授けていただくことができます。

  • トイレのお守り「おとう鈴」
  • 女性の幸せを願った「女人お守」
  • 身代わり守り
  • ハッピーカードお守り

があります。

また、12年に一度、申年の時にだけ授けていただけるお守りもあるのだとか!

 

市比賣(いちひめ)神社の御朱印帳と御朱印

御朱印と御朱印帳もガーリーで可愛らしいですよね。

市比賣(いちひめ)神社の近くにランチできるお店はある?

市比賣(いちひめ)神社はとっても小さな神社。正直すぐにお参りが終わってしまいます。

せっかく来たのだからと、周りでカフェやランチできるお店は・・・と。探したのですが、情報が古くてお店が移転してたり、閉店しちゃってたり、なぜか目的地についても見当たらなかったり(私の探しかたが悪いのでしょうが・笑)

京都駅からもそれほど遠くないので、お店が豊富にある京都駅まで戻っちゃうのが個人的にはおすすめです。

市比賣(いちひめ)神社の情報まとめ

[list class=”li-niku”]
  • 市比賣(いちひめ)神社公式サイト
  • 所在地:〒600-8119 京都市下京区河原町五条下ル一筋目西入ル
  • 電話:075-361-2775
  • 参拝・電話受付時間:9:00~16:30
  • 休日:なし(祭典日は一部一般参拝停止)
  • 駐車場:なし(裏手にコインパーキングあり)
[/list]

コメント